EDを考えてみる

うつ病にかかっている人がEDになる可能性は、すでに多くの症例が物語っているようです。しかしうつ病の回復でEDも改善する見込みがあります。

■うつ病とEDは関連性があるのか。

◆相談者 うつ病でEDにかかる人はいるのでしょうか?

40才のときに会社内でパワハラにあって、43才でリストラされました。

けっこう自分では真面目に一生懸命業務にいそしんできたつもりでいましたが、新任の上司との折り合いが悪くそれから社内での状況が一変しました。

リストラを境にうつ病を患うようになり心療内科に通っています。

もちろんそんな状況の中でセックスなど考える余裕もありませんが、最近では朝立ちも性欲そのものもなくなり、妻には冗談で、「もし俺に物足りなくなったらお前の好きにしていいぞ」と言ったりしています。

浮気されても仕方のない状態なのです。

つまり私は完全なるEDで、うつ病とEDは1つに繋がって発症しているものと勝手に推測しています。

うつ病でEDにかかる人はいるのでしょうか。

またうつ病が回復して普通に戻ったら、EDも解消されるのでしょうか。

◆アドバイス うつ病の回復とED症状の改善は一体と考えて良いでしょう。

EDにはいくつかの原因がありますが、その中の1つに心因性のインポテンツ(ED)という症状が含まれていて、うつ病によるEDの発症は数多くみられます。

男性であれば、何か強い衝撃を受けたり重大な悩みごとがあったりした際、まともに勃起できない状態というのを経験したことがあると思いますが、EDはこのように心の影響を非常に受けやすい病気です。

うつ病は心因性の中でも非常に深層性の高い病気ですから、心因性のEDといっても、回復にはかなりの時間がかかります。

しかしうつ病と同様に、治らないことを深刻に考える必要はありません。

ご質問にあったように、うつ病とEDは1つに繋がっていますから、うつ病が回復すればそれと比例してEDも改善される可能性が大いにあります。

大事なことは焦らないこと。

治そうとか治らないとかで、自分を追い込まないことです。

うつ病の診察でも医師から言われていると思いますが、自分を解放して、ゆったり見守ってあげることが肝心です。

関連リンクのご紹介・・《EDの真実